札幌市中央区の歯科・歯医者 訪問歯科・入れ歯・むし歯・審美歯科は「K'Sデンタルクリニック」

〒064-0808 札幌市中央区南8条西15丁目1-5
市電:西線九条駅より徒歩1分【駐車場4台あり】
診療時間
[月~土]9:3013:00 / 14:3017:00
夜間診療
[月・火・木・金]17:0020:00
休診日
日曜日

※ 土曜の午後は保険外診療の予備日となっております。
※ 最終受付30分前です。

ご予約・お問い合わせ 0120-461-897

「ホームページを見た」とお伝えください

小児歯科

小児歯科とは

子どものうちにこそ歯を守る「習慣」づけを

「子供の歯はいずれ抜けて大人の歯になるから、むし歯になっても大丈夫」などということはありません。
実は子供の歯の時にむし歯になってしまうと、一生使う永久歯に悪い影響が出てしまいます。一生健康的な歯で過ごすことを目標とするなら、子供のうちにこそ歯医者・歯科医院に定期的に受診する「習慣」づけをしておきましょう。

また、子供の歯はエナメル質が柔らかいためにむし歯になりやく、早期発見・早期治療が重要になります。その早期発見のためにも定期的な歯科検診が重要になるのです。

乳歯のむし歯は永久歯に影響を与える

乳歯は抜け替わる歯だからといって、粗末にしてはいけません。 乳歯は丈夫な永久歯が生える準備をする大切な歯です。乳歯で噛むことによって、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛みあわせが促されます。

1.永久歯をつつむ歯胚を傷つける

乳歯の根っ子に膿をもっていたりすると、永久歯をつつむ歯胚が傷つき、永久歯が生えてきた時に虫歯になっていたり、色が変わっていたりします。

2.歯並びが悪くなる

乳歯のむし歯の放置により、歯が寄ってきて、歯並びが悪くなる原因になります。

3.集中力の欠損や多動性

進行したむし歯では上手に噛むことができないので、集中力の欠損や多動性など、子供の精神面に影響を与えます。

4.顎への影響

むし歯を放置することで、成長過程の子供の顎に影響を与え、十分な歯が並ぶための顎が作れず、顔貌に悪影響を及ぼすことがあります。

歯が生えはじめたら、歯磨きを習慣づけましょう

歯が生え始めたら、歯磨きを習慣づけましょう。 そして定期的に歯医者さんに通い、予防処置だけでなく恐怖感もとりましょう。また、おやつのあとは、必ず歯磨きをする習慣をつけましょう。

  • ~1歳くらい~

    お母さんが脱脂綿に水を含ませて歯をふいてあげましょう。

  • ~2歳くらい~

    お母さんが歯ブラシを使って磨いてあげましょう。

  • ~3歳くらい~

    磨き方を教えてお子さん自信にさせてあげます。そのあと必ず、お母さんが仕上げに磨きなおしてください。

歯科衛生士さん 歯科助手・受付さん 減菌・クリーンスタッフさん

Google map

COPYRIGHT © K'S DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.