札幌市中央区の歯科・歯医者 訪問歯科・入れ歯・むし歯・審美歯科は「K'Sデンタルクリニック」

〒064-0808 札幌市中央区南8条西15丁目1-5
市電:西線九条駅より徒歩1分【駐車場4台あり】
診療時間
[月~土]9:3013:00 / 14:3017:00
夜間診療
[月・火・木・金]17:0020:00
休診日
日曜日

※ 土曜の午後は保険外診療の予備日となっております。
※ 最終受付30分前です。

ご予約・お問い合わせ 0120-461-897

「ホームページを見た」とお伝えください

歯周病の治療

歯周病とは

感染による炎症性疾患です

歯周病とは、ほとんどの人が感染している細菌感染症です。症状の悪化により歯が抜けてしまうのです。 歯周病は、歯肉の溝に住みついてしまう歯周病菌が出す毒素により、歯の周りの組織が破壊されて、最後には歯を支える骨までが溶けてしまい歯が抜け落ちる病気です。例え高齢者であっても、歯周病菌に感染しなければ、アゴの骨が溶けて、歯が抜けてしまうことはありません。よく誤解されますが、歯は老化現象で抜け落ちるわけではないのです。

日本人の30歳以上の約8割がこの病気にかかっています。また、日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、 生活習慣病のひとつに数えられています。

「年齢が上の人の病気」というイメージがありますが、20代後半の約8割がこの病気にかかっていると言われています。初めは自覚症状がなく、痛みもないうちに進行し、気づいた時にはかなりの段階まで進んでいることも珍しくありません。歯周病とは、歯を支えている歯周組織に関する病気の総称で、歯肉の炎症だけをいう「歯肉炎」と、悪化して歯槽骨までおかされた「歯周炎」の二つに分かれます。「歯肉炎」の段階なら、正しいブラッシングなどで回復させることも難しくありませんが、歯周病が進行すると健康な状態に回復するまでに期間がかかる場合があり、治療自体も大変になってきます。歯肉が腫れていたり、血が出たりと、少しでも症状を感じたら歯科医院で診察を受けましょう。

歯周病の進行度合を詳しく検査し、その方の状態に合わせた治療(歯石除去など)を進めていきます。また、喪失してしまった歯周組織を再生する治療法も、状況に応じて行っています。お気軽にご相談ください。

歯周病の主な原因

  • 歯並びが悪い
  • 歯に合わない被せものをしている
  • 歯石・口呼吸・歯ぎしりなど、歯や歯ぐきへの負担
  • 喫煙やストレス
  • 不規則な食生活や、栄養バランスの偏った食事

歯周病の進行段階

  • 歯と歯ぐきの間に、歯垢や歯石がたまります。
  • 炎症が進み、歯ぐきが赤く腫れてきます。
    歯磨きなどで出血しやすくなります
  • 歯槽骨が溶けはじめ、歯がぐらついてきます。
    出血・膿・口臭などの症状も出てきます。
  • 歯槽骨で歯を支えられなくなります。最悪、抜け落ちることも。
    残念ながら抜歯に…。

歯周病と全身疾患

近年では、歯周病が「全身の健康」に影響することが研究によって明らかになってきています。 まず歯周病菌や炎症性物質は、深くなった歯周ポケットから歯肉の中に入り込みます。次に歯肉の毛細血管から大きな血管へ、そして循環で心臓に送られ全身に回ることになり、さまざまな全身疾患の危険性が高まるのです。
結果として歯周病患者は、脳梗塞・心筋梗塞などの循環障害などは3~4倍、早産(低体重児出産)は3~7倍の確率で危険性が高まります。その他にも、糖尿病・誤嚥性肺炎・消化器系疾患・認知症なども関連しています。

また、誤嚥性肺炎は口内の細菌が原因です。歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いので、高齢者・認知症・脳血管障害・手術後などの食物の飲み込みをうまく行えない人は、特に注意が必要です。

歯周病はある日突然、重度の症状が出るのではなく、気づかないうちに徐々に進行する病気です。 重度になってから慌てて治療するのではなく、早い段階から予防することが大切です。

歯科衛生士さん 歯科助手・受付さん 減菌・クリーンスタッフさん

Google map

COPYRIGHT © K'S DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.