札幌市中央区の歯科・歯医者 訪問歯科・入れ歯・むし歯・審美歯科は「K'Sデンタルクリニック」

〒064-0808 札幌市中央区南8条西15丁目1-5
市電:西線九条駅より徒歩1分【駐車場4台あり】
診療時間
[月~土]9:3013:00 / 14:3017:00
夜間診療
[月・火・木・金]17:0020:00
休診日
日曜日

※ 土曜の午後は保険外診療の予備日となっております。
※ 最終受付30分前です。

ご予約・お問い合わせ 0120-461-897

「ホームページを見た」とお伝えください

むし歯・根管治療

むし歯・根管治療とは

むし歯は感染症です

人のお口の中には300~400種類の菌が生息していると言われています。その中のミュータンス菌とラクトバチラス菌、この2つの菌がむし歯を作り出します。これらの菌は、飲食物に含まれる糖分を栄養として粘着性の物質(歯垢)をつくり、酸を放出します。この酸が歯の表面のエナメル質を溶かし歯をやわらかくします。 この柔らかくなった部分を一般的に「むし歯」といいます。

初期の段階であれば、唾液の力で修復が行われ(再石灰化)、元の健康な歯の状態に戻ります。 しかし、間食をしたり歯のケア(歯磨きなど)を怠っていたりすると、お口の中が“歯垢が酸を放出しやすい環境”になってしまいます。
結果、再石灰化が間に合わず、歯の表面が溶けて穴があき、むし歯は歯の内部へと進行していきます。

むし歯の主な原因

  • むし歯になりやすい、歯の質・噛み合わせ・歯並びである
  • 糖質をよく摂取している
  • 毎日のホームケア(歯磨きなど)を怠っている
  • 丁寧に歯磨きができていない
  • プラーク(歯垢)が歯に長時間付着したままになっている

根管治療とは

「むし歯が進行し、神経に達してしまった。」「神経をとったところに新しい病巣ができてしまった。」こういった場合、歯の根の治療を行います。「根管」とは、歯の中にある歯髄(神経や血管)の入っている細いトンネルのことを言います。根管治療とは、根管の中の死んだ歯髄(神経や血管)や汚染された象牙質を取り除き、根管の中を清掃し、消毒する治療のことです。

むし歯が歯髄にまで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。歯髄が死んでしまった場合、根管治療をきちんと行うことで、歯を抜かず済みます。また、むし歯がしみたり痛くなって仕方がない時、歯の神経を取ってしまえば、今までの痛みはすっかり消えて楽になります。しかし、痛みがなくなったからといって、むし歯が治ったわけではありません。むしろその後が重要で、神経を失った歯が一生使えるかどうかは根管治療にかかっているのです。

神経を取るのは身体へ負担もかかります。取らなくても済むよう、むし歯の早期治療・早期発見に努めましょう。

根管治療のメリット

1.抜歯を回避できる
細菌は神経を通って奥へと侵入してきます。歯髄を取る(神経を抜く)ことで、細菌の経路を遮断し最悪の事態(抜歯)を避けられます。

2.痛みからの開放
神経を抜くことで、歯は感覚を失うため、むし歯の痛みから解放されます。

根管治療のデメリット

1.治療費がかさむ
歯の神経を抜く治療には時間がかかり根気が必要になります。また何度も通院が必要になるため、ある程度費用がかさみます。

2.異常を自覚できない
神経を抜くことでむし歯の痛みから解放されますが、再度その歯に何か異常が起こっても、感覚がないため自覚することができません。被せものの中でむし歯が発症していることがわからないこともあります。

歯科衛生士さん 歯科助手・受付さん 減菌・クリーンスタッフさん

Google map

COPYRIGHT © K'S DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.